広島・石見銀山旅行ブログその3!広島駅から石見銀山、羅漢寺五百羅漢へ(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2018年12月22日(土)~24日(月祝)

◆日程:二泊三日

◆訪問する世界遺産:原爆ドーム、羅漢寺五百羅漢、大森銀山伝統的重要建造物群保存地区、熊谷家住宅、代官所跡、宮ノ前地区、銀山柵内、厳島神社


広島・石見銀山旅行ブログ(世界遺産旅行記)その3です。

※前回の記事はコチラ



【二日目】

広島・石見銀山の旅、二日目のスタートです。



今回の旅の宿『オリエンタルホテル広島』さん目の前のバス停、「田中町」からエキまちループバスに乗車し、広島駅までやってきました。



まずは広島駅直結、新幹線口そばの『Books&Cafe J-CAFE』さんでモーニング。

朝の定番 エッグサンドイッチをいただきました。

ボリュームは軽めで、朝にはちょうどいい量ですね。



今日は島根の石見銀山に向かいます。

もしかしたら、石見銀山は日本の世界遺産の中でも、特に行くのが困難なものとしてよく知られているかもしれないですね。

でも広島駅からは石見銀山方面への直通の高速バスが出ているので、アクセスがとっても便利なんです。


バスのチケット券売機は広島駅新幹線口側を出てすぐ、交通案内所のすぐ横にあります。

石見銀山方面の高速バスは、券売機目の前の3番乗り場から出ます。



10:00広島駅発の高速バスに乗車しました。

トイレ付きの車両ではありませんが、なかなか広い車内です。

広島駅を出た後は、広島バスセンターを経由しましたが、乗車客は私たちを含めて5組ほどでした。


一つの心配が、広島市内は雨は降っていませんでしたが、天気予報では石見銀山は雨。

さてどうなることやら。。。



途中、「田所」というバス停=ドライブインでトイレ休憩をはさみます。

この辺りから心配されていた雨がついに・・・



12:50くらいに石見銀山、大森代官所跡というバス停に到着です。

3時間弱のバス移動が終わりホッとしましたが・・・

天気予報通りの雨、しかも予想していたよりなかなかの強い雨です。



雨も降っているということで、まずは昼食をとることに。

バス停からお目当てのお店に向かいます。

※この通りも「大森銀山伝統的重要建造物群保存地区」ということで世界遺産構成資産の一つなのですが、食事後にじっくり歩きましょう。



食事に選んだのは「大森銀山伝統的重要建造物群保存地区」にある、こちらの『群言堂』さんです。



群言堂と聞くと、もしかしたらアパレルショップや雑貨屋さんというイメージがある人も多いかもしれませんね。

ここ石見銀山本店では、ギャラリースペースやカフェも併設しています。



群言堂のカフェスペースで食事にしましょう。

「季節の野菜とお豆のカレー」をいただきました。

これがとっても美味しかったです!ごちそうさまでした!!



食事の間に雨が上がってくれるかな~なんてて淡い期待を抱いていたのですが、その願いは天には届かず。。。

というかむしろ雨足が強まりました。。。

めげずに世界遺産散策に向かいましょう。



雨の中、最初に向かったのが群言堂近くの石見銀山公園です。

この公園の駐車場に世界遺産碑があるのです。



世界遺産碑の隣には石見銀山の立派な模型もありました。

それでは世界遺産の構成資産めぐりに向かいましょう。



■羅漢寺五百羅漢

石見銀山公園そばにある世界遺産が、この羅漢寺五百羅漢です。



鉱山で亡くなった人や祖先の霊を供養するために、約25年もの歳月をかけて、1766年に完成したんだそうです。

ここにお参りすれば、亡くなった人に会えるといわれています。


羅漢寺五百羅漢は有料の施設なので、入るには道路の向かいのこちらの羅漢寺で拝観料を支払ってから向かいましょう。



岩盤の斜面に3つの石窟があります。



石窟の前には銀山川の支流が流れています。

その川をには、当時のまま残っている石造りの三つの反り橋が架かっています。



左右の石窟の入口にはどちらも赤い扉があり、中にそれぞれ250躯の羅漢座像が安置されています。

中央窟には、中央に釈迦如来、向かって左側に文珠菩薩、向かって右側に普賢菩薩が安置してあります。



石窟の内部は撮影禁止です。

羅漢座像は笑っていたり泣いていたり、顔も姿勢も全て異なっています。

実にさまざまな表情を見せてくれる羅漢座像は、どことなく可笑しくもあり、ずっと見ていられるようでした。



それでは次の世界遺産に向かいましょう。

この続きはまた次回のブログにて。