京都・奈良旅行ブログその1!近鉄奈良駅近くのさくらバーガーがウマい(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2017年12月23日(土)~24日(日)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:興福寺、元興寺、春日大社、東大寺、教王護国寺(東寺)、本願寺(西本願寺)、二条城、平等院、宇治上神社、清水寺



【一日目】

2017年年末、京都・奈良の世界遺産訪問の旅に出発です。

今回の日程は一泊二日、京都駅近くのホテルをベースに、一日目は奈良の世界遺産、二日目は京都の世界遺産を回る計画です。


目的としては、“なるべくたくさんの京都と奈良の世界遺産を見る!”です。

一つ一つを時間をかけてじっくり見る、というよりはたくさんの世界遺産を訪れるのを第一としました。

『そんなの世界遺産に行ったとはいえない!』というお叱りの声も受けそうですが、あくまで個人的な旅ということで何卒ご容赦ください。


23日(土)年末らしい寒さの中、早朝の東京駅に到着。



7:56東京発のこだま637号で京都に向けて出発です。



途中、車窓から富士山を見ながらこだま637号は西へ西へ。。。



東海道・山陽新幹線には「のぞみ」「ひかり」「こだま」と三種類あるのですが、この順番で停車する駅が増えます。

最も多くの駅に停車するこだまは各駅停車。

それに加え、後から来るのぞみやひかりを先に通すためにちょくちょく駅での停車時間が長い時があります。


なぜ今回このわざわざこのこだまを選んだかというと…料金が安いからです(笑)。


もちろん早く京都に着きたい!という思いはありますが、まぁのんびりと行きましょう。

それに意外とこののんびりと進むこだまが、個人的には嫌いじゃなかったりします。

※確かに、ビジネスマンの方のように一分でも時間が惜しい!という時はモヤモヤするかもですね。


11:34、ようやく京都駅に到着です。

東京から京都まで3時間40分ほどかかりましたね。



新幹線八条口を出て・・・



京都駅すぐ近くのホテル「新・都ホテル」さんが今回のお宿です。



観光で色々な方面に出やすいということで、駅近のホテルから選びました。

チェックイン前、そしてチェックアウト後にも荷物を預けられるというのも、とっても便利ですね。


ロビーには外国人観光客の方がたくさんで、たぶん日本人の方が少ないくらい。

アジア系が中心でしたが、欧米人らしき方もちらほら見られました。


新・都ホテルさんは外国人観光客の誘致に力を入れているのかな?



ホテルに荷物を預けて、初日は奈良の世界遺産めぐりに出発です!

まずは「奈良・斑鳩1dayチケット」を購入しました。



これは、購入した日ならば、

・京都市営地下鉄全線1日乗り放題

・近鉄線フリー区間1日乗り放題

・奈良交通バスフリー区間1日乗り放題

という、なんともお得な切符です。


この日は、「日中は奈良を回って、夜は京都の祇園あたりで夕食かな」と漠然と考えていたので、この切符をチョイスしました。

価格は一人1,630円です。

ちなみに「奈良・斑鳩1dayチケット」の購入場所は、近鉄鉄道の窓口ではなく、京都市営地下鉄の方ですのでお気を付けください。

(地味に距離も離れてますので要注意です(笑))


12:20発の近鉄京都線急行で近鉄奈良駅に向けて出発です。



のんびり電車に揺られて、13:09に近鉄奈良駅に到着です。



奈良県のマスコットキャラクター・せんとくんも鹿と一緒に出迎えてくれました。



近鉄奈良駅を出て、まずは昼食と食べに行きましょう!



この日選んだのは近鉄奈良駅近くの「さくらバーガー」さん。



お店の前には外国人観光客がたくさん!

30分ほど待ってようやく入店しました。


注文したのは定番のさくらバーガー。

牛肉100%の食べ応えのあるパテと自家製の厚切りベーコンを、フレッシュなレタス、トマトなどとともにバンズで挟んだ一品。


ウ、、ウマい!!!

これがとっても美味しかった!!(☆∀☆)

奈良にお越しの際にはぜひお立ちよりくださいね。



お腹を満たしたあとは、いよいよ世界遺産めぐりに出発です!

さぁ、いくつまわれるかな?



この続きは次回のブログにて。