JALエコノミーで羽田空港から大阪伊丹空港へ!京都旅行ブログその1(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2020年8月28日(金)~29日(土)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:古都京都の文化財(二条城、教王護国寺(東寺)、鹿苑寺(金閣寺)、龍安寺、本願寺(西本願寺))



【一日目】

朝9時15分。羽田空港第一旅客ターミナルにやってきました。


ちょうど一ヶ月前に大阪・奈良・兵庫を回った近畿旅に行きましたが、その時に京都は行けなかったので、今回は京都の世界遺産に絞っての京都旅です。



JALの自動チェックイン機でチェックイン。

「Self Baggage Drop」でスーツケースを預けたらちょっと遅めの朝食を食べに行きます。

羽田空港地下一階(京急線・東京モノレール乗り場がフロア)にある「赤坂うまや うちのたまご直売所」さん。



たまごかけかけごはんをいただきます。

これ、本当にめちゃくちゃ美味しいです!ごちそうさまでした!!



フライトまで少し時間があるので、展望デッキへ。

ちょっと雲も見えてるけど、太陽の光がとにかく気持ちいい。

「嵐ジェット」もありますね。



セキュリティチェックを抜けて搭乗口エリアまで来ました。

羽田空港11時30分発、大阪伊丹空港12時35分着予定のJAL115便に搭乗します。



優先搭乗に続いて11時15分に搭乗。

機体はボーイング787-8。

今回も前回の近畿旅の帰りの便同様、個人モニター付き機体。

やっぱりこれだけでテンションが上がります。



機内は9割程度の搭乗率。

私たちが本来乗るはずだった便が欠航→その乗客が集中したという理由もあるかもしれませんが、このJAL115便に限って言えば客足はだいぶ戻ってきているように感じます。

予定時間より少々遅れてプッシュバック開始。飛行時間は離陸後43分とのアナウンス。



やっぱり青空でのテイクオフは気持ちいいですね。



12時少し前、マスクに加えゴーグルと手袋をしたCAさんが飲み物を配りはじめます。

CAさんがメニューを乗客に見せてくれるので、欲しいものを指差してお願いするスタイル。

冷たいコーヒーをいただきました。

一ヶ月前はパックの緑茶のほか、アップルジュースや水など数種類しか選べなかったので、だいぶ飲み物の選択肢も広がりましたね。ちなみにホットコーヒーはまだありませんでした。



ほぼ定時に伊丹空港に到着。

預けていたスーツケースを受け取って出てきました。



もうお昼の時間ですが、朝食で美味しいたまごかけごはんをたくさん食べたので、まだそこまでお腹も空いていません。。

というわけで、空港内にある「551蓬莱」さんで豚まんを買って、ソファに座っていただくことにします。



13時30分伊丹空港発の空港リムジンバスに乗り、京都駅まで向かいます。



定時の14時20分、京都駅八条口に到着です。



まずは予約してあるホテルに向かいます。

今回お世話になるのが、京都駅目の前の「イビススタイルズ京都ステーション」さんです。

京都駅八条口を出てすぐの場所で、今乗ってきた伊丹空港と京都駅を結ぶ空港バスの停留所もすぐ近くにあり便利なので、移動時間短縮のためにもこのホテルに決めました。



チェックインしてひとまず部屋に入ります。

シンプルなツインルーム。清潔感のあるお部屋で、私たちには十分です。



身軽になったところで、早速世界遺産観光に出発しましょう。

何せ今回は一泊二日で時間も限られていますし(笑)


この続きはまた次回のブログにて。