二条城訪問記!唐門と国宝・二の丸御殿の内部を見学!京都旅行ブログその2(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2020年8月28日(金)~29日(土)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:古都京都の文化財(二条城、教王護国寺(東寺)、鹿苑寺(金閣寺)、龍安寺、本願寺(西本願寺))


京都旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその2です。

※前回の記事はコチラ



ホテルの部屋に荷物を置き、早速世界遺産観光に出発です。

今日は京都駅から近い二条城に行きます。


京都駅からは地下鉄で向かいます。まずは烏丸線に乗車。



途中、「烏丸御池」駅で東西線に乗り換え。



「二条城」駅で下車。ここから歩いてすぐの二条城に向かいます。



【二条城】

二条城に到着です。

京都駅からは地下鉄で10分ちょっと。

距離的に近い上に、交通のアクセスもとてもいいので助かります。



中に入りました。

入城料と二の丸御殿の観覧料のセットで大人一人1,030円。



まず迎えてくれるのは東大手門。国の重要文化財です。



入口にはパンフレットもあります。

日本語の他に、英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・オランダ語だったかな。

世界中からたくさんの観光客が訪れる、そんな日常が一日でも早く戻ってくることを心より願います。


入ってすぐ右手にあるのが番所。



進んだ先にあるのがこの唐門。こちらも国の重要文化財です。

2013年に修復工事が行われ、往時の美しい姿を取り戻したのだそうです。

いやー、どの角度から見ても本当に美しい!!



唐門越しの二の丸御殿。

個人的にこのショットは京都屈指の眺めだと思います。



二条城は徳川初代将軍家康が慶長8年(1603年)に築城し、後に3代将軍家光が完成させた城です。

京都では寺社以外で唯一世界遺産に登録されています。

そしてこの二の丸御殿は国宝にもなっています。



二の丸御殿は遠侍、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院の6棟が立ち並ぶ御殿。部屋数は33室あります。

残念ながら内部は撮影禁止ですが、本当に見応えがありました。

じっくりと時間をかけて見学させていただきました。



それではさらに奥に進みましょう。

ただ、現在本丸御殿が修理工事中で見学できないみたいなので、どこまで行くかは考え中。。。


二の丸御殿を横目に眺めながら歩きます。



左手には二の丸庭園。



本丸御殿に続く、東橋と本丸櫓門です。



ここから本丸御殿の方を見るとシートのようなものがかかっているのが確認できました。

ちょっと迷いましたが、「このあとできれば西本願寺も行きたいな」と考えていたので今回は本丸御殿の方には向かわずに出口に戻りたいと思います。


出口に向かう途中にあった大休憩所。

お土産屋さんも併設されていて、ここで二条城のミニチュアやらを購入しました。



出口に向かう前に、見逃していた「東南隅櫓」を見学。

こちらも国の重要文化財です。



東南隅櫓を見ていたら空から急に大粒の雨が。。

というわけでこれで二条城を後にします。

ありがとうございます、二条城さん。

またお伺いします!



この後向かうつもりだった西本願寺ですが、時間的に難しい(17時までの公開時間に間に合わない)ので本日の訪問は諦め、京都駅方面に戻ることに。


再び二条城前駅から地下鉄に乗って帰ります。



京都駅に戻ってきました。

すっかり天気も回復してくれました。



駅直結の「ジェイアール京都伊勢丹」で妻の買い物の付き添い。

さらに食品フロアでビール・おつまみを購入してホテルに帰ります。

※新型コロナウイルスの感染リスクを避ける為に、ここ最近の旅先での夜ご飯はほぼホテルで晩酌です


京都タワーがライトアップされ、いい感じに映えていました。



これで京都旅一日目は終了です。

明日も帰りのフライトまで世界遺産観光を楽しみます。


この続きはまた次回のブログにて。