沖縄旅行ブログその12!勝連城跡の二の曲輪、一の曲輪へ(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2018年6月12日(火)~14日(木)

◆日程:二泊三日

◆訪問する世界遺産:首里城跡、園比屋武御嶽石門、中城城跡、勝連城跡、識名園、玉陵


沖縄の旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその12です。

※前回の記事はコチラ



■勝連城跡

次は三の曲輪から二の曲輪にあがりましょう。



二の曲輪に入りました。

ここには政治上で最も重要な建物があったと考えられています。

正面約17m 奥行き約14.5m、やや長方形の舎殿の跡です。



首里城正殿のような柱の多い構造で、礎石のあるしっかりとした造りだったと考えられています。

※その礎石跡を地上に復元しています


また周辺からは大和系瓦も出土していて、板葺きの屋根が主流だった時代に、この舎殿は瓦葺屋根だった可能性もあるんだそうです。

※三の曲輪内にあった舎殿跡の説明板です。



二の曲輪にあるウミチムン(火の神)。

「ウミチムン」は「三個のかまど石」という意味で、火の神が祀られています。



こちらはウシヌジガマです。

「ウシヌジ」には「身を隠し、凌しのぐ」という意味があり、「ガマ」とは沖縄本島南部に多く見られる自然洞穴のことです。

ここは、身に危険が及んだ時に逃げ込む場所だったといわれています。



それではいよいよ一の曲輪に向かいましょう。

一の曲輪までは急な階段、途中からは未舗装の石階段となりますので、注意して進みましょう。



階段の途中で二の曲輪を振り返るとこんな感じです。



一の曲輪階段は敵軍の侵入など、有事の際の『最終防御ライン』としての役割を担っていました。

攻め入った敵が一度に侵入できないよう、上に行くほど徐々に階段幅が狭まる構造になっています。



一の曲輪に着きました。

標高は約100mで、勝連城内で最も高い位置にある曲輪です。



眼下には二の曲輪、そして三の曲輪が見えます。



一の曲輪のほぼ中心にあるのが、玉ノミウヂ御嶽。

勝連を守護する大きな霊石をご神体とする御嶽です。

霊石の表面が平坦にされており、グスク時代、建物の基礎に利用されていたと考えられています。



一の曲輪からは周囲360度見渡すことができるので、その眺望の美しさでも勝連城跡は有名です。

もっと青空だったらよかったなぁ~としみじみ感じました。


一の曲輪にはまだ20代くらいの、アジアからの観光客とおぼしき若者たちがいて、楽しそうに写真を撮りあってました。

私の嫁は下でリタイヤしていたので、ちょっと寂しかった。。。(涙)



一の曲輪、ニの曲輪、三の曲輪と下って四の曲輪まで戻ってきました。

無事に嫁とも合流です(笑)



勝連城跡は優雅な曲線の美しさ、そして自然の断崖を利用した堅牢な山城、その両方を併せ持つ魅力的な世界遺産でした。



沖縄世界遺産めぐりの旅の二日目、この後もまだまだ続きます。

この続きはまた次回のブログにて。