沖縄旅行ブログその9!中城城跡の北の郭と三の郭へ(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2018年6月12日(火)~14日(木)

◆日程:二泊三日

◆訪問する世界遺産:首里城跡、園比屋武御嶽石門、中城城跡、勝連城跡、識名園、玉陵


沖縄旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその9です。

※前回の記事はコチラ



■中城城跡

二の郭から三の郭へは、直接行くことはできません。

三の郭に向かうには、二の郭にあるこちらの階段を下りて、北の郭から進むことになります。



このあたりは足元がちょっと悪いので、転ばないよう気を付けて進みましょう。



北の郭にある大井戸(ウフガー)です。



北の郭はこの大井戸を取り囲むようにできていて、この井戸を守るため、護佐丸が増築したと考えられているそうです。

※大井戸に下りる道は相当急なので十分にご注意を!

(女性のヒールではおそらく無理だと思います。。。)



それでは三の郭に向かいましょう。



三の郭はこの階段を上った先です。



三の郭に入りました。



三の郭は護佐丸が増築したとされています。

琉球のグスクの最高美と称賛されていて、曲線の美しさが見事です。



三の郭から再び北の郭へ、そして出口である裏門に向かいます。



こちらが裏門です。

大きく、古いアーチ状の門で、大変優れた技術で築かれていて、現在でも荘厳な姿をとどめています。



裏門から出て、振り返るとこのような感じです。



裏門を出ると広い広場のような場所にでるので、中城城跡を遠目から見ることができます。



中城城跡の模型(?)も置いてありました。

なかなか精巧に作られていて、「あぁ、ここを今歩いてきたんだな」としみじみ思い返すことができます。



世界遺産の碑もこちらにあります。

この碑と中城城跡のショットが一番有名かもしれないですね。



中城城跡の見学を終え、入場料を払った受付に戻ります。



中城城跡、琉球グスクの美しさを存分に堪能できました。



それでは次の世界遺産の城に向かいましょう。

この続きはまた次回のブログにて。