沖縄旅行ブログその3!首里城跡の正殿と御庭、首里城内部へ(世界遺産旅行記)


◆旅行日:2018年6月12日(火)~14日(木)

◆日程:二泊三日

◆訪問する世界遺産:首里城跡、園比屋武御嶽石門、中城城跡、勝連城跡、識名園、玉陵


沖縄旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその3です。

※前回の記事はコチラ



■首里城跡

奉神門をくぐり、御庭に入ります。

正面に見えるのが正殿です。



首里城は琉球王国の成立以来、国王の居城であり政治の中心でした。

残念ながら、正殿は漆の塗り直し作業中でしたが、正面の綺麗な装飾については完了していて、見ることができました。

やはり本土とは趣の違い、かつての琉球王国、そして大陸の影響を色濃く感じることができますね。



正面の石階段の両脇に対の龍の彫刻があります。

「正殿大龍柱(だいりゅうちゅう)」というのだそうです。

向かって右の口を開けているのが阿形、向かって左の口を閉じているのが吽形です。



ちなみに、石階段を上がった先の手すりの奥に、また別の対の龍の彫刻「小龍柱(しょうりゅうちゅう)」がありますが、こちらは立ち入り禁止ですのでご注意ください。



奉神門をくぐって右手にある、南殿・番所。

御庭から見て右側が「番所」、左側が「南殿」です。


番所は平屋一階建ての建物で、かつて首里城へ登城してきた人たちの取次を行っていました。

南殿は二階建ての建物で、ここでは年間を通じて行催事などが行われていたそうです。



それでは首里城の内部の見学に行きましょう。

番所から靴を脱いで上に上がります。



内部は撮影禁止のエリアもあります。

※入ってすぐは撮影禁止でした


正殿に続くまでのエリアは、大規模な木造復元を行った建物です。

なので・・・・

「さぞ歴史を感じられる雰囲気なんだろう!」と思って入ってみると、あまりの綺麗さというか、現代的な内装に「あれ?」とちょっとがっかりするかも・・・?

※あくまで個人的な見解です。。。


書院・鎖之間と庭園のエリアです。

書院は国王が日常の執務を行っていた建物で、ここで大陸からの使者(冊封使)をもてなす時もあったんだそうです。

また鎖之間は王子などの控所でした。



茶道具一式を用意した御茶之間。



奥書院です。

ここは国王が執務の合間に休息した場所なんだそうです。



近習詰所、そして黄金御殿・寄満エリアです。



隣接する苅銘御嶽です。



それではいよいよ正殿に進みましょう。

この続きはまた次回のブログにて。