福岡旅行ブログ(世界遺産旅行記)その5!宮原坑、専用鉄道敷跡(三池炭鉱)から万田坑へ|世界遺産旅日記


◆訪問日:2018年3月14日(水)~15日(木)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:宗像大社辺津宮、三池炭鉱 宮原坑、三池炭鉱 万田坑、三池炭鉱 専用鉄道敷跡


福岡旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその5です。

※前回の記事はコチラ



三池炭鉱 宮原坑をあとにする前に、もう一つの世界遺産を忘れずに見ておきましょう。


■三池炭鉱専用鉄道敷跡

もう一つの世界遺産がこの三池炭鉱専用鉄道敷跡です。



もともとは官営三池炭鉱時代、馬車鉄道として使われていたそうです。

その後蒸気機関車が発達すると、線路は次第に延長され、現在の勝立坑や宮原坑、万田坑などをつなぎ、三池港まで敷設されました。


線路は撤去されていますが、閉山時の枕木がそのまま残っています。



宮原坑と鉄道敷跡をおさめて・・・

このショットはとても「絵」になりますね。



再び自転車に乗り、次は三池炭鉱 万田坑を目指します。

11:15くらいに宮原坑を出発です。

万田抗までは道も狭く、急坂も多いので安全運転で向かいましょう。


自転車で約15分、11:30に万田抗そばの「万田坑ステーション」に到着です。

※こちらで万田坑の見学料を支払いチケットを購入します。

(大人は1人410円、高校生1人300円、小中学生1人200円です。)



ちなみにこの万田坑ですが、所在地は熊本県荒尾市になります。

「福岡の世界遺産めぐり」とは正確に言うと違うのですが、そこはご容赦ください(笑)



チケットを購入したらいよいよ万田坑に向かいましょう。



■三池炭鉱 万田坑

万田坑正門に到着です。

この万田坑は映画「るろうに剣心・京都大火編」冒頭シーンのロケ地にもなったことで有名ですね。


こちらでも観光ガイドの方がいらっしゃいますので、お願いしてみましょう。



ガイドさんが待ち構えてますね(笑)



中に入ります。

想像していたよりもかなり広い敷地です。



まずは、正門を直進してすぐ左手にあるのが「山ノ神祭祀施設」です。

ここで働く人々の安全祈願の為に、大正6年(1916年)大山祇神社を分祀したんだそうです。

こちらは国の重要文化財です。



その先にあるのが「倉庫及びポンプ室」

同じく国の重要文化財です。



倉庫及びポンプ室の先を左手にまがります。

巨大な櫓の下に回り込んでいきます。



二坑口へ進む通路です。

※ここは立ち入り禁止です。



こちらが「安全燈室及び浴室(旧扇風機機械室)」です。

安全燈とは、ヘルメットにつけるランプのことです。

建設当初は扇風機を動かす機械室として利用されていましたが、その後安全燈室と浴室として利用されていたそうです。

こちらも国の重要文化財です。



そして第二竪坑櫓。

万田坑のシンボル的建物で、同じく国の重要文化財です。


完成したのは明治41年(1908年)で、隣接する巻揚機でワイヤーが巻かれ、吊るされたケージが上下していたそうです。



その先にあるのが、第二竪坑櫓口です。

ここを内部に進んでいくと、第二竪坑櫓の真下に出ることができます。



個人的感想ですが、この場所はとりわけ独特の空気が漂っていました。

万田坑の中でもとりわけ特別な場所のように感じました。

※ちなみに連れ(嫁)は「なんか怖い…」と言って中には入りませんでした(笑)



中にある緑色の小屋のような小さな建物は信号所です。

巻揚機室の運転手や坑底と、これを使って連絡を取り合っていたんだそうです。



第二竪坑櫓口そばにはこんなトンネルも。

こちらは立ち入り禁止です。



まだまだ三池炭鉱 万田坑の見学は続きます。


この続きはまた次回のブログにて・・・