京都・奈良旅行ブログその6!東大寺の大仏殿で盧舎那仏像とご対面(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2017年12月23日(土)~24日(日)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:興福寺、元興寺、春日大社、東大寺、教王護国寺(東寺)、本願寺(西本願寺)、二条城、平等院、宇治上神社、清水寺


京都・奈良旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその6です。

※前回の記事はコチラ



■東大寺

入堂料を払って大仏殿に向かいます。



大仏殿が見えてきました!



その大きさ・スケールにはただただ圧倒されます。



この大仏殿は751年に創建されました。

世界最大級の木造古建築で、国宝にも指定されています。


創建から二度焼失していて、現在は三代目のものです。

※鎌倉時代と江戸時代に再建されました。


その間口(幅)約57m、高さ約47m、奥行きは約50m!

これでも創建当初のおよそ3分の2の大きさなんだそうです。


また創建当時は大仏殿の東側と西側に、高さ約100mの七重塔がありました。

これらの塔がもし現存していれば、世界一の高さの木造建築物になっていたのだそうです。



大仏殿に入る前に・・・もう一つの見どころをご紹介。

それは大仏殿正面にある、この八角燈籠。

これは東大寺創建時に造られたものです。


表面には菩薩の姿が刻まれています。


高さ約4mもあり、これも国宝に指定されています。

大仏殿が消失した中でも、創建当時の姿を残す大変貴重な遺品です。



大仏殿正面から綺麗な夕日も見えました。



それではいよいよ大仏様とご対面です。



高さは約15m!やっぱり大きいですね!

直径約18mの蓮華座に座っています。



奈良の大仏(盧舎那仏)は7年もの歳月をかけて完成しました。

その後消失と復興を繰り返しましたが、現在は下半身から蓮華座が創建当初のまま残っています。



大仏様の右手は恐れを取り除く、左手は救いの意味を持っているそうです。



また頭は螺髪(らほつ)と呼ばれる丸まった髪の毛です。

気になるその数ですが、966個もあるんだとか。

※最近492個という説もありますが・・・



大仏殿の内部を見てみましょう。

大仏様の向かって左手に「虚空蔵菩薩坐像」。



向かって右手に「如意輪観音菩薩坐像」があります。



北西の隅にあるのが「広目天立像」です。



北東の隅にあるのが「多聞天立像」です。



創建当初の様子を復元したものもありました。

50分の1の大きさだそうです。



大仏様を後ろから見るとこんな感じです。



大仏様の向かって右手(「多聞天立像」のそば)に、四角い穴のあいた柱があります。

この穴は大仏様の鼻の穴と同じ大きさで「大仏の鼻の穴」と呼ばれています(゚O゚)

くぐると無病息災のご利益があるそうです。

外国人観光客の方がほとんどでしたが、くぐり待ちの方で行列ができていました(笑)



大仏様にしっかりご挨拶して・・・



大仏殿を後にしました。

※よーく見ると、拝観時間が終了して入り口が閉じられてます。



東大寺、なにもかもが大きくて驚かされました。



再び「東大寺大仏殿・国立博物館」から奈良交通さんのバスに乗車、近鉄奈良駅に到着です。



近鉄奈良駅から近鉄京都線に乗車、京都駅まで戻ってきました。



夕食は京都地下鉄東西線・三条駅近くの「とうふ処 豆雅傳」さんへ。



30分ほど待ちましたが、美味しい湯豆腐を堪能しました。



今日の宿泊先である「新・都ホテル」に帰ってきました。

入口には綺麗なクリスマスツリーが飾ってありました。



奈良の世界遺産訪問、途中ちょっと駆け足になりましたが大満足の一日になりました。

次は法隆寺方面に行きたいな~って思います。


ホテルで就寝して、二日目は京都の世界遺産めぐりへ・・・

この続きはまた次回のブログにて。