京都・奈良旅行ブログ(世界遺産旅行記)その7!東寺の金堂など早朝散策|世界遺産旅日記


◆訪問日:2017年12月23日(土)~24日(日)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:興福寺、元興寺、春日大社、東大寺、教王護国寺(東寺)、西本願寺、二条城、平等院、宇治上神社、清水寺


京都・奈良旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその7です。

※前回の記事はコチラ



【二日目】

京都・奈良の世界遺産めぐりの旅。

初日は奈良の世界遺産を訪問してきました。

二日目は京都の世界遺産をまわりましょう。


朝食の前に、ホテルから比較的近場の世界遺産を見てこようと思います。

宿泊先の「新・都ホテル」のフロントでまずは『市バス・京都バス一日乗車券カード』を購入。

※早朝だったので、こちらで購入できたのはとても助かりました!



市バス・京都バスの均一運賃区間内であれば,1日で何回でもご乗車できるというこのカード。

お値段はワンコインの500円!

京都観光にとってもおすすめのフリーチケットです。


ホテルを出たのはAM6:30、まだ空が明けきらない(まだ暗い…)うちに出発です。



京都の世界遺産は早朝から開門している所もありますので、「効率よく観光名所を回りたい」という方にも、京都の早朝散歩はおすすめです。


まずは徒歩で東寺を目指します!



ホテルを出たら西へ。

八条油小路の交差点で油小路通りを南へ折れます。

※朝練中の学生さんかな?



しばらくまっすぐ道なりに進み、九条油小路の交差点を西に折れます。

ちょっと歩くと近鉄東寺駅に見えてきますので、高架をくぐりさらに直進。



広い大宮通りに出ました。

東寺の、いや京都のシンボルとも言える五重塔が見えてます。



■東寺

新・都ホテルから20分ほど歩いて、東寺に到着です。



九条通りに面した南大門です。

1895年に三十三間堂の西門を移築したそうです。



年末ということで「初詣」の掲示も出ていました。



この南大門は重要文化財に指定されています。



こちらに着いたのは午前6時50分くらいでしたが、東寺は午前5時には開門しています。

南大門をくぐり境内へ。



東寺は真言宗の根本道場であり、真言宗全体の総本山。

正式名称は「教王護国寺」といい、平安遷都の際に創設された平安京唯一の遺構だそうです。


入るとすぐ右手に五重塔が見えます。



早朝の時間帯はさすがにまだ観光客も少ないので、ゆっくりと散策することができます。


入って正面にあるのが金堂です。

東寺の本堂で、桃山時代の代表的建造物の一つ。



金堂を横から。

国宝にもなっています。



五重塔をバックに一枚。



金堂の北側にあるのが、講堂です。


大日如来を中心とした密教尊(国内最古の密教彫刻)が安置されています。

あまりにも有名な、空海作の立体曼荼羅が見られるのはこちらです。



さらに北側にあるのが食堂です。

※「じきどう」と読みます。


中には十一面観音像が本尊として安置されています。



広い境内を歩いてみましょう。


境内の南西の位置にある潅頂院。

重要文化財となっています。



境内の西の位置にある小子房。



そして、南東の位置にある五重塔です。



まだ薄暗い静かな冬の朝…

東寺の境内はとても厳かな空気が漂っていました。



早朝だったので、金堂や講堂などの内部を見ることはできませんでしたが、この時間に来られて本当によかったと感じました。


朝の東寺、おススメです。



空も徐々に明るくなってきました。

それでは次の世界遺産に向かいましょう。


京都の早朝散策はまだまだ続きます。

この続きは次回のブログにて・・・