世界遺産誕生のきっかけはエジプトのアブ・シンベル神殿|世界遺産旅日記

世界遺産が生まれるきかっけとなったのは、第二次世界大戦後です。


1960年、エジプトのナイル川でアスワン・ハイ・ダムの建設が始まります。

※学校の教科書などで聞いたことのある方も多いと思います


ダム建設の目的はナイル川の氾濫を防ぐということ、及び水と電力の供給であったため、現地に生きる人たちにとっては生きるために必要なものでした。

しかしながらこのダムが作られることにより、「アブ・シンベル神殿」をはじめとする貴重な遺跡群が水没してしまうという危機に陥ったのです。



そこでユネスコが遺跡の救済キャンペーンを大々的に開始。

結果として世界の60ヶ国もの国々が賛同、遺跡はサイコロ状に分割し高所にて組み直すという手法により、水没を免れたのです。


これがきっかけとなり、『人類共通の宝』を価値ある遺産として保護するという機運が世界中で高まり、1972年の「世界遺産条約」の採択へとつながっていったのです。