ピサの斜塔の鐘の音は実はスピーカー!?その理由は?|世界遺産旅日記

イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼、それがピサの斜塔です。

世界遺産「ピサのドゥオモ広場」の構成資産の一つとなっています。

※トリックアート写真の撮影スポットとして観光客にも人気ですね


現地に行ったことのある方ならばご存じだと思いますが、決められた時間になるとピサの斜塔から鐘の音が鳴り響きます。

鐘楼として作られているため、当然といえば当然ですし、現に立派な鐘が7つ備え付けられています。

※最大のもので1トン級もの大きさだそうです



ただし実はこの鐘の音…スピーカーで流しているものなのです。


なぜ実際に鐘を鳴らさずにスピーカーで音を流しているのか、その理由は鐘の音の振動によって、ますます塔が傾いてしまう怖れがあるからなんです。


ちなみに、スピーカーで流している鐘の音はバチカン市国のサン・ピエトロ寺院の鐘の音を使っているんだそうです。