小笠原諸島|自然遺産|世界遺産旅日記

■基本情報

・世界遺産登録年:2011年

・自然遺産

【構成資産】

小笠原諸島


聟島列島、父島列島、母島列島、火山列島、西之島の5つの区域にある30以上の群島からなり面積は7,393ha。絶滅危惧種のオガサワラオオコウモリや195種の絶滅危惧種の鳥類を含む、多くの動物相の生息地です。また、約100種の陸生貝類が確認されており、その90%以上が固有種です。

引用元:公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟


■構成資産の場所

観光などで訪問した際にご活用ください。

※マップ上の位置については誤差・間違い等も考えられますので、あくまでご参考程度にご覧ください。