白神山地|自然遺産|世界遺産旅日記

■基本情報

・世界遺産登録年:1993年

・自然遺産

【構成資産】

白神山地


青森県、秋田県にまたがる白神山地には、1万6971ヘクタールに及ぶブナ原生林が広がっています。この原生林は、氷河期以降の新しいブナ林として東アジアにおける代表的なものとなっています。
天然記念物のクマゲラやイヌワシ、特別天然記念物のニホンカモシカなど多くの野生生物が、白神山地から多くの恵みを得ています。

引用元:公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟


■構成資産の場所

観光などで訪問した際にご活用ください。

※マップ上の位置については誤差・間違い等も考えられますので、あくまでご参考程度にご覧ください。