沖縄旅行ブログ(世界遺産旅行記)その17!首里城公園近くの玉陵(たまうどぅん)へ|世界遺産旅日記


◆訪問日:2018年6月12日(火)~14日(木)

◆日程:二泊三日

◆訪問する世界遺産:首里城跡、園比屋武御嶽石門、中城城跡、勝連城跡、識名園、玉陵


沖縄の旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその17です。

※前回の記事はコチラ



識名園から次の世界遺産に移動しましょう。

大雨の中、運よく識名園ですぐにタクシーに乗ることができて、10分ほどで到着したのは首里城公園です。

※トイレ休憩のため識名園に立ち寄ったタクシーをつかまえました(笑)



本日は首里城の方ではなく、逆方向(西の方向)に向かいます。

目的地は一日目に行けなかった首里城近くの世界遺産、玉陵です。



■玉陵

首里城公園から歩いて数分で玉陵の入口に到着です。

玉陵は「たまうどぅん」と読みます。



入口から内部には緩い階段になっていますが、横にはスロープが設置されています。

ベビーカーや車いすでも行くことができるよう、バリアフリー化されているのがうれしいですね。

※ただこの日のような雨の日は、足元が滑る可能性もあるので注意です



まず出迎えてくれるのがこの玉陵奉円館です。

こちらで観覧料を支払います。

世界遺産の碑もここに設置されています。



このまま玉陵に向かってもいいのですが、まずは玉陵奉円館のB1Fにある「玉陵資料館」に行ってみましょう。



資料館では、玉陵に関する資料がたくさん展示されています。

ここで事前知識を入れておくと、観覧がもっとわかりやすくなると思いますのでオススメです。



玉陵の昔の写真やミニチュア模型なども展示されていて、なかなか見応え十分です。



奉円館を出て、玉陵に進む道の入り口にあった石碑と史跡碑です。



それでは玉陵に向かいましょう。

両側に木々が植えられたまっすぐな道を行くと、どこか神聖な気持ちになります。



途中にあった、西の御番所の説明板です。



開けた場所に出ると、右手に石塀が見えてきます。

※この時はとにかく雨がすごかった・・・



こちらが玉陵への入り口です。正面に小さな門があります。



入口の向かいには遥拝所があります。



入口左手にあるのが、東の御番所です。

こちらは遺構や写真などをもとに、復元されたものです。

法事の折には国王の控室としての建物でしたが、太平洋戦争直前には倉庫として使用されていたそうです。


この日は雨のため、開放されていませんでした・・・残念。



それでは中に入りましょう。



まず広がる空間が外郭と呼ばれる広場です。

この日は雨だったのでわかりにくいですが、足元は珊瑚砂が敷きつめられています。

四方は石灰岩の石積みの塀で囲まれていて、正面には中門があります。



それでは中門をくぐって、いよいよ玉陵の内郭へ。



玉陵は第二尚王家歴代の陵墓です。

1501年に尚真王が、父である尚円王の遺骨を祀るために築かれました。

内郭も珊瑚砂が敷きつめられた広場になっていて、正面に石造りの立派な墓陵が並んでいます。



左から東室、中室、西室の三つの墓堂に分かれています。

左側の東室には琉球国王と王妃の遺骨が、右側の西室には国王・王妃以外の家族の遺骨が安置されています。

そして真ん中の中室は、洗骨までの間、棺を安置していた場所だそうです。


こちらが東室。



こちらが中室。



こちらが西室です。



墓頂にあるの石彫獅子です。

大雨の中の石獅子…少し不気味に感じますね。。



ゆっくりと見ていきたかったのですが、今回は雨がひどかったので、あきらめました・・・

玉陵の内郭、そして外郭を後にしました。



天気のいい日に、あらためてじっくりと見学に来たいと思います。



玉陵から首里城公園の入り口まで戻ってきました。

初日はゆいレールの首里駅まで徒歩で行きましたが、この日は雨のためバスで向かうことにしました。

首里城前というバス停から路線バスに乗車します。

※利用したバスは下記です



5分ほどで首里駅前に到着です。



ゆいレールに乗車し、おもろまち駅で下車しました。



駅近くにあるTギャラリアです。駅直結なのはとても便利ですね。

こちらの訪問の目的は・・・嫁のリクエストです(笑)。



その後再びゆいレールの乗り、牧志駅まで。

初日には見逃していた、駅近くの巨大シーサーさんにご挨拶。



シーサーとゆいレールの組み合わせは沖縄らしくていいですね。

雨は気づいたら上がっていました。

沖縄のラスト、ひとまず雨が止んでよかったです。



国際通りを歩いて、沖縄最後の食事に向かいます。

「最後は肉だ!」ということで、ステーキハウス88 国際通り店さんへ。



人気の有名店なのでちょっと待つかな…と思いましたが、お昼のピークは過ぎていたのですぐに席につくことができました。



実は普段ステーキよりもハンバーグ派なのですが(笑)、せっかくの沖縄ということでステーキにしてみました。

やわらかいお肉でとっても美味しかったです!

ごちそうさまでした。



「ホテルグレイスリー那覇」でスーツケースをピックアップしたら、最後に「ブルーシールアイスクリーム パレットくもじ店」さんでブルーシールアイス。



さぁ、ゆいレール・県庁前から那覇空港に向かいましょう。

※初日に購入した2日乗車券の有効期限が切れたらので、最後は切符を購入



那覇空港に到着です。



お土産はJALさんのお店、BLUE SKYさんで。



おもろまちのTギャラリアで購入した商品は、出発ロビー内にあるDFS商品受取カウンターで忘れずに受け取りましょう。



帰りのフライトでお世話になるJAL機です。

とっても名残惜しいですが、那覇空港19:45発のJAL920便に乗車です。



機中から見えた夕暮れから夜に変わる、美しい瞬間。



羽田空港が近づいてきました。



22:05、ほぼ定刻通りに羽田空港に到着しました。



今回が人生初めての沖縄旅行でしたが、たくさんの世界遺産も訪問できて、そして美味しいものもたくさん食べれて、大満足の旅となりました。

これは毎年行きたくなっちゃうな~(笑)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!