世界一小さい世界遺産はなに?日本の京都・宇治にある宇治上神社?それとも・・・|世界遺産旅日記

世界一小さい世界遺産って何かご存知でしょうか?

日本の京都・宇治にある宇治上神社と聞くこともありますが、実際のところはどうなのでしょう?


「小さい」の定義にもよるのですが、単体の資産本体だけで考えるとノルウェーにある「ウルネスの木造教会(ウルネス・スターヴヒルケ)」と言われています。



ノルウェーといえば美しいフィヨルドでも有名ですが、そのフィヨルドを見下ろす、高さ120mの崖の上に建てられている木造教会です。


あまりにも美しいその姿から「スターヴヒルケの女王」とも呼ばれています。