グレート・バリア・リーフの広さはどれくらい?現在直面している深刻な問題とは?|世界遺産旅日記

オーストラリアが誇る人気の世界自然遺産、グレート・バリア・リーフ。

オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯として有名ですね。


2,600kmを超える長さに2,900以上の暗礁群と約900の島があり、その総面積は344,400km2以上です。


この巨大なサンゴ礁は約200万年前から少しづつ成長してきたそうです。

しかし現在、地球温暖化の影響でこの貴重なサンゴ礁が深刻な状況にあります。



サンゴが白くなってしまう「白化現象」等により、「今世紀の中ごろには数%程度しか残らないのでは」とまで言われています。


保護・維持管理することが急務となっているのです。