ハワイアン航空エコノミー席で羽田空港からハワイ島・コナ空港へ!ハワイ島旅行ブログその1(世界遺産旅行記)


◆旅行日:2019年12月8日(日)~12日(木)※結果的に日本帰国は13日(金)に

◆日程:三泊五日 ※結果的に三泊六日に

◆訪問する世界遺産:ハワイ火山国立公園



2019年の12月。人生初のハワイ島に行ってきました。


過去にオアフ島は数回行ったことがあるのですが、ハワイ島は今回が初めて。

もちろん私の第一目的は世界遺産「ハワイ火山国立公園」の訪問ですが、オアフ島ととはまた違ったハワイを楽しんできました。


最後の最後でフライトのアクシデントがありましたが。。。



【一日目】

19時30分過ぎ、羽田空港国際線旅客ターミナルに到着です。

私はいつも成田国際空港を利用することが多いので、羽田はかなり久しぶり。

これだけでちょっとテンション上がりますね。



まずは軽くでいいので何か食べに行きましょう。

国際線ターミナルの4階は「江戸小路」という、何とも洒落た感じになっています。



ちょうどこの時間、江戸小路の飲食店はどこもなかなか混みあっています。

お店によってはかなり長い行列も。。。

何より空港プライスでどこもなかなかお高い。。。


ガッツリ食事したいってわけでもないし、ひとまず軽く落ち着いて食べたいなぁ~。


ということでもう一つ上のフロア5階にある「EXPASA Cafe 羽田」さんでいただくことにしました。

野菜カレーと台湾バナナスムージーというものをいただきました。

美味しかったです!



お腹が落ち着いたら、事前に申し込んでいたレンタルWiFiを受け取りにいきます。

今回もグローバルWiFiさんです。

受け取り場所は2階到着ロビーフロアにあるグローバルWiFiカウンターなのですが・・・


場所がめっちゃ分かりにくいです!


位置的には京急さんの改札の横を入っていくのですが、遠目から見るとそこにまさか奥に行ける通路があるとは思えないような感じになってます。

※そういえば、数年前も同じように迷ったような気もする。。。


初めてご利用される方はどうぞお気を付けください。



それでは飛行機のチェックインと預入荷物の手続きを済ませましょう。


2019年12月現在、ハワイ島に直行便が飛んでいるのはJALとハワイアン航空のみ。

私たちが今回お世話になるのはハワイアン航空。

搭乗する便は23時55分羽田国際空港発、ハワイ島コナ空港には時差の関係で同日12時05分着予定のHA852便です。


ハワイアン航空のカウンターはCカウンターでした。

時刻は21時15分くらいでしたが、すでにエコノミークラスは長い行列ができていました。


もちろん私たちも当然エコノミークラスなのですが(笑)、前日にwebチェックインを済ませていたため、行列には並ばずに済みました。



搭乗券を受け取り、スーツケースを預けたら、早めにセキュリティチェックと出国審査に向かいました。

多少の行列はできていましたが、10分ほどですんなりと出国後エリアに出ました。



搭乗開始時間までは免税店などを物色しながらぶらぶら散策。

私はラウンジなどに行ける権利はもちろん持っていません(笑)。

とはいえ普段あまり来ることのない空港なので、歩いているだけで十分楽しいです。



そろそろ搭乗口に向かいましょう。

搭乗ゲートは145番。23時20分に搭乗しました。



席は43A。嫁は43Bで、窓側の二人並び席でした。

ハワイアン航空HA852便のエコノミークラスは、2-4-2の席の並びなのですが、機体後方の数列だけ2-3-2の配置になっています。

私たちが座った43列からちょうど2-3-2列になる列でした。

通路を挟んでの席が2-4-2の列よりは若干スペースがあるので、横からの圧迫感がちょっとだけ緩和されてる…のかな??



座席にはあらかじめ枕と毛布が置いてありました。

イヤホンやアイマスクの入ったアメニティは、乗客が全て着席したタイミングでCAさんが配ってくれました。



機内はハワイアンミュージックが流れています。

さすが“乗った瞬間からハワイ”という触れ込みで有名なハワイアン航空ですね。

ハワイアン航空は過去にオアフ島・ホノルル行きの便で何度か搭乗したことがありますが、初めて乗った時は「ぉお!ハワイだ!」とえらく感動した記憶があります(笑)。



前との座席との間には、こぶし一個ちょっとのスペースはあります。

ちょっと機体自体が古いかな?という印象はありましたが、エコノミークラスとしては普通かなと思います。



ハワイアン航空に一度でも乗ったことのある方はご存知だと思いますが、個人モニターに流れる機内安全ビデオの映像も何ともハワイアンです。



ほぼ定時の23時55分にドアクローズし、機体は動き出しました。

しばらく地上を走り、0時20分に離陸。

離陸して10分ほどでシートベルトサインが消えました。


こちらは機内誌などなど。



飛行時間は離陸後6時間42分間の予定とのアナウンス。

同時に、眠られる方のために窓の日よけを完全に下ろしてくださいとのお願いもありました。

このあたりは深夜便ならではですが、ちゃんとしているなぁと感じました。


深夜1時くらいに、簡単な軽食としてサンドイッチが配られました。

ハワイアン航空のかわいい袋に入っていました。

女性は特にこういう袋が大好きですよね。


飲み物は迷うことなくハワイアンビールをチョイス。

マウイ・ブリューイングのパウハナ・ピルスナーです。

マウイ・ブリューイングといえば、ビキニ・ブロンド・ラガーばっかりだったから、たぶんこれは初めてかな。



軽食とドリンクサービスのあとは、機内の照明は落とされほとんどの方はお休みの時間です。


どんなに深夜便でも、飛行機でほとんど寝れないタイプの私は個人モニターで映画鑑賞タイム。

やはり日系エアラインに比べると若干の物足りなさ感はあります。

とはいえ、ある程度数の邦画はありますし、日本語吹き替えの洋画も充実しているのでハワイ島までの7時間弱のフライトには十分です。


「やっぱり今回も寝れないなぁ」と思いながら、映画を見たりブログを書いたりして過ごしましょう。。。



HA852便はハワイ諸島までもうすぐという位置まで来ました。

モニター上では、コナ到着まであと約二時間と示しています。



到着一時間半ほど前、機内は再び明るくなりました。


温かいおしぼりのあとは朝食?昼食?が配られました。

今度はしっかりした温かいメニューで、種類は一種類のみの「ロコモコ」です。

ハワイ気分がますます盛り上がりますね(笑)

ドリンクはさすがにハワイアンビールではなく、オレンジジュース。



朝食のあと、驚いたというか感心したことが一つ。


今までオアフ島訪問の際に記入していた税関等の用紙が法律が変わったとかで不要になったとのこと。

なかなか配られないなぁと思っていたのですが、これは楽チンになりました。


時差の関係で出発した日と同日、現地時間の8日(日)12時ちょうどにコナ国際空港に着陸しました。

写真を見るとわかるかもしれませんが、もう地面の色が黒い!!

おそらく溶岩が固まったものだからなのかな?

ハワイ島に来た!とはじめて実感できた瞬間です。



12時15分に飛行機を降りました。

コナ国際空港ではタラップでそのまま地上に降ります。



振り返ると目の前には乗ってきたHA852便が!

こうして飛行機を間近で見られるのは嬉しいですね。

飛行機好きな方はここでたくさん撮影したいかもしれませんが、係員さんが「止まらないで進んでください」と案内してくれているので、ササっと撮影して遅れないように進みましょう。



入国審査が行われる建物まで直接歩いて向かいます。

ちなみにこの建物内は完全撮影禁止です!

スマホを見ているだけでも係員さんに怒られますので必ずバッグかポケットにしまいましょう!

※50代~60代くらいの日本人女性がスマホをいじっていたら相当な剣幕で怒られてました



入国審査はキオスクによる対応でした。

(正確にはやっぱりその後係員による対面審査はあるのですが。。。)

機械化され簡単になったのはとてもいいのですが、キオスクの数が8台ほどしかなく、順番待ちの行列がかなりできていました。


結局、入国審査→預入荷物も受け取って外に出たのは13時20分くらいでした。


実は空港到着時に機内アナウンスでも言っていたのですが、飛行機を降りて全て通過して外に出るまで一時間は見ておいた方がいいかもです。




コナ国際空港はオアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港に比べると、かなりこじんまりとしています。

でも建物の造りがとても開放的で、着いた瞬間から「南の島に来た!」と感じることができますね。



空港からカイルア・コナのホテルまでは旅行会社さんの送迎バスをお願いしてあります。

さて、無事にピックアップしてもらえるかな?


この続きはまた次回のブログにて。