インターコンチネンタル東京ベイ宿泊記!クラブフロアのスーペリアリバービュールームとクラブラウンジを紹介!(ホテル宿泊ブログ)

◆宿泊日:2021年4月16日(金)~17日(土)

◆宿泊した部屋:クラブ インターコンチネンタルフロア スーペリア リバービュールーム ツイン

◆食事:クラブラウンジでのクラブディナー、朝食付き



今回は東京都港区竹芝にある「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の宿泊記をお届けします。

クラブフロアのお部屋のため、クラブラウンジも利用できましたので、そちらの様子もご紹介いたします。



JR浜松町駅から歩いて、ホテルのある竹芝方面へ向かいます。



ホテルに到着しました。

インターコンチネンタルらしい、重厚感のある佇まいです。

ホテルの入り口には複数のタクシーが待機しています。



中に入りました。

進んだ先にフロントがあり、入ってすぐにはベルデスクと上質なソファ。



ちなみに1階にはショップやレストランがありますのでご紹介しておきます。

※これらは後程撮影したものです。


こちらは「The Shop N.Y.LOUNGE BOUTIQUE(ザ・ショップ N.Y.ラウンジブティック)」

美味しそうなスイーツやパンの他に、客室で使用しているバスアメニティやタオル等も販売されていました。



その先にあるのが「New York Lounge(ニューヨークラウンジ)」。



その向かい(フロント横の位置になります)に「HUDSON LOUNGE(ハドソンラウンジ)」。



一階のフロントでももちろんチェックイン手続きは可能なのですが、今回はクラブフロアの宿泊なので、スタッフの方が20階の「クラブ インターコンチネンタル ラウンジ」まで案内してくれました。

王冠(?)を被ったカエルちゃんたちがかわいい。



この時の時間は14時を少し過ぎた頃。

まだ早い時間だったからか、他に宿泊客らしき人は一組しかいませんでした。

※許可を取って撮影させていただきました。



窓際の席にご案内いただきました。

こちらで座ってチェックイン手続きを行うことができます。

ちょっと曇り空なのが残念ですね。

(滞在中は晴れたり、曇ったり、雨降ったりとコロコロ空模様が変わる二日間でした)



飲み物としてホットコーヒーをいただきました。

※お茶とおしぼりは最初にいただけます。



その後、アフタヌーンティセット(軽食)もいただけます。

私たち夫婦でこの1セットです。

お願いすれば追加でいただけるのかもしれませんが、この時間の軽食としてはこの量で十分でした。お味もとても美味しかったです。



コーヒーと軽食をいただき、ゆっくり過ごした後は部屋に向かいます。

アサインしていただいたのは24階(最上階)の2430号室。

「クラブ インターコンチネンタルフロア」の「スーペリア リバービュールーム ツイン」というお部屋です。

位置的にはコーナーのお部屋でした。



窓が二面に付いているので開放感があり、部屋も明るく感じます。

チェックインの際に、「コーナーのお部屋なので他のスーペリア リバービュールームよりも少しだけ広いです」とスタッフの方が仰っていました。

ありがとうございます!


正面の窓からの景色です。

リバービューというだけあって、隅田川がきれいに見えますね。



窓際には二人用のソファと丸テーブル。

ソファの隣にスーツケースなどが置ける台があります。



ベッドと向かい合う位置に作業用のワーキングデスクがあります。

椅子は立派な革張り仕様です。

デスクの上には電話にメモ帳、館内施設案内の用紙、除菌のスティックスプレーなんかも置いてありました。



机の正面にも窓があり、こちらは浜松町駅方面を臨みます。

駅の手前に見えるのは「旧芝離宮恩恵庭園」です。

また、この時は気づかなかったのですが、東京タワーの足だけがちょこっと見えます。



次はベッド周りを見てみましょう。

二つのベッドはくっついている配置です。

「シーリー」社と共同開発したオリジナルマットレス、そして「昭和西川」との共同開発による抗菌防臭加工の羽毛ふとん&枕。

寝心地は最高でした!



ベッドの前、ワーキングデスクの隣に壁掛けタイプのテレビがあります。

その前はインルームバーゾーンです。

左手にネスプレッソマシーン、右手に無料のミネラルウォーターとインルームバーの価格表が置いてあります。



下の扉の中を見ていきます。

一番左の扉を開けると三つの引出があり、上からお酒の小瓶とお茶(無料)とスナック各種(有料)、グラス各種とコーヒーポーション(無料)、一番下にアイスペール。



無料の紅茶が「TWG Tea」なのが嬉しいですね。

※シンガポール創業の高級ティーブランドです。



真ん中の扉には電気ポット。



右手の扉には冷蔵庫があります。

ソフトドリンクやアルコール類が一通り入っています(有料)。



部屋に入ってすぐ左手に両開きドアのクローゼットがあります。

中にはハンガーとバスルームが二着。

下には使い捨てのスリッパとアイロン、傘などが用意されています。



その隣の扉には寝間着とセーフティボックス(金庫)、体重計があります。



最後にウェットエリアを見てみます。

鏡付きの扉が開けると、正面に洗面台、左手にバスタブ、右手にシャワーブースとトイレ、という配置です。



まずは洗面台から。

横に細長い、丸みのある形をしています。

左手にティッシュとグラス、バスアメニティ各種。

※バスアメニティはアメリカのフレグランス・ブランドの「AGRARIA(アグラリア)」のものです。

右手にはハンドタオルとソープ。



左側の引き出しには、「INTERCONTINENTAL TOKYO BAY」と書かれた袋に入ったドライヤー。



右側の引き出しにはアメニティ各種。



こちらがバスタブです。

枕もありました。これがあると湯船につかった時に便利なんですよね。

小瓶に入ったバスソルトも用意されていました。



こちらがシャワーブースです。

ハンドシャワーとレインシャワーがあります。

バスタブと別に洗い場のブースが設けられているのは、やはり使い勝手が良くて便利ですね。



そしてウォシュレット機能付きのトイレです。



クラブディナーの時間が近づいてきたので20階の「クラブ インターコンチネンタル ラウンジ」に向かいます。

ここでも窓際の席にご案内してもらいました。



時間は17時を少し過ぎた頃。

夕食にはまだ少し早い時間帯でしたが、感染症が流行っているということもあり、スタートと同時の時間帯(本格的に混雑する前)に入り、ラウンジ内が混んで来たら早めに撤収するつもりで来ました。

私たちの他には二組ほどいらっしゃるだけでした。


お酒とお料理が用意できたので、取りに向かいます。

お酒はビールからスパークリングワイン、赤・白ワイン、ウイスキーなどなど一通り揃っていました。

生ビールのサーバーがあるのはビール好きの私としては嬉しかったです。



「クラブディナー」と言っているだけあって、おつまみ系だけではなく、巻き寿司などもありしっかりした食事をとることもできます。



まずは生ビールとともに第一便。



第二便。



スパークリングワインとともに第三便。



19時を回った頃からラウンジ内が混みだしてきたので、部屋に戻りました。

それでも二時間くらいゆっくり食事とお酒を楽しむことができました。大満足です!


部屋からの夜景です。

このあとはバスソルトを入れたお風呂にのんびり浸かり、お部屋でウダウダ過ごした後、寝ました。



翌日、「インターコンチネンタル 東京ベイ」で迎えた朝です。

外は生憎の曇り空です。



それでは朝食を食べに行きます。

朝食会場は3階の「Chef’s Live Kitchen®(シェフズ ライブ キッチン)」です。



ビュッフェスタイルでいただきます。

和食から洋食まで美味しそうなものがたくさんです。



ホテルの朝食ビュッフェといえば・・・

やっぱりお楽しみはエッグステーションでの出来立て卵料理ですね!

ふわふわのオムレツをお願いしました。トッピングは全部入れで。



というわけでこんな感じです。いただきます!



締めはスイーツ・・・ではなく、スムージーで。

左が「ビタミンイエロー」で、右が「ヘルシーグリーン」。

どちらも美味しかったですが、特にヘルシーグリーンが美味しかったです。オススメです。



朝食の後はチェックアウト時間の12時まで部屋でのんびり過ごします。



チェックアウト手続きも20階の「クラブ インターコンチネンタル ラウンジ」にて。

手続き後はホットコーヒーとともに、しばしゆっくりさせていただきました。

最後まで本当にありがとうございます。



ホテルを出ました。

こういうご時世だからかもしれませんが、週末でもそこまで急激に混雑する場面もなく、感染症対策の視点からいえばとても安心して過ごすことができました。

クラブフロアのお部屋にもかかわらず価格もそこまで高い設定ではなかったので、利用する側としては嬉しいですが、ホテルとしては厳しいかもしれませんね。。

また是非利用させていただきたいと思います。



それではこれで「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の宿泊記を終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!



↓↓↓このブログ記事の動画はコチラ↓↓↓

※よろしければチャンネル登録お願いします