ハイアットリージェンシー東京宿泊記!ビューデラックスルームツインの眺望と美味しい朝食を紹介!(ホテル宿泊ブログ)


◆宿泊日:2021年3月26日(金)~27日(土)

◆宿泊した部屋:ビューデラックスルームツイン

◆食事:朝食付き



今回は東京都新宿区西新宿にある「ハイアットリージェンシー東京」の宿泊記をお届けします。

ビューデラックスルームということで眺望も素晴らしく、部屋からお花見もできました。



地下鉄丸ノ内線の「西新宿」駅にやってきました。

ここからホテルまで歩いて向かいます。

※地下鉄大江戸線の「都庁前」駅のほうが近いのですが、私は丸の内線のほうが都合がよかったので西新宿駅を利用しました。



どの出口から出ればいいのか少し迷いましたが、無事にハイアットリージェンシー東京に到着しました。



ちょっと遠くから撮影。

ホテルのすぐ横が東京都庁なんですね。そういえば東京都庁ってはじめて来たかも。

※この写真だと手前がハイアットリージェンシー東京、奥に見えるのが東京都庁です。



歴史あるラグジュアリーホテルらしい堂々たる佇まいですね。



それでは中に入ります。

エントランスロビーも煌びやかな雰囲気です。



そしてハイアットリージェンシー東京といば、やはりロビーフロアにある、この3基の大シャンデリアですね。

まさにゴージャスの一言です。

1基のお値段は5,000万円(開業した1980年当時)と言われています。

3基で1億5,000万円。。現在の価格でいくらくらいなんでしょう。。



フロントは入って左手に進んだ先にあります。

スタッフの方がそこまで案内してくれます。



チェックインを済ませ、アサインされた部屋のある24階に向かいます。

お部屋は2410号室です。



ビューデラックスルームツインというお部屋です。



この部屋の一番の特徴は「ビューデラックスルーム」というだけあって窓からの眺望です。

大都会東京の景色はやっぱり圧巻ですね。



この時はちょうど桜の時期。

新宿中央公園向きのお部屋だったので、部屋からちょっとしたお花見気分も味わえます。

コロナウイルス感染拡大の影響でお花見も自粛が求められていたこの頃。

お花見は我慢していたので、なんだか桜の花が見られるのが嬉しかったです。



ちなみに窓のブラインドは電動式で開閉できます。

スイッチはベッド横にありました。



窓際には丸テーブルとチェアが一つあります。



こちらがワークデスクです。

のちほどここで仕事を片付けました。違う環境でやると仕事もはかどりますね(笑)

テレビは壁掛けではなく、デスクに置いてあるタイプです。

テーブルの引き出しにはケーブル系やホテル内施設のご案内など入っていました。



デスクの脇にはスーツケースなどを乗せられる荷物置きがありました。



ベッド横には電話と目覚まし時計とメモ帳、各種スイッチ。

ブラインドのスイッチもここにありました。



メインエリアから入口のドア方向をみるとこんな感じです。



それでは次に入口周辺を見ていきます。


部屋に入りすぐ左手の扉を開けると、お手洗いです。

中には手を洗える小さな洗面台もあります。小さめのタオルも置いてありました。

こんな風にトイレが完全にウェットエリアから独立している、セパレートのタイプは嬉しいですね。お部屋の使い勝手が格段に違います。



その隣が洗面台、ウェットエリアです。

入って右手に洗面台、左手に浴槽、正面にシャワーブースという作りです。



まず洗面台を見ていきます。

右にタオルと手を洗う用の固形ソープ。

左に鏡と無料のミネラルウォーターが二本。



右の下にはドライヤーとアメニティ各種。

バスアメニティはハイアット系ホテルでお馴染みの「PHARMACOPIA(ファーマ・コピア)」さんのものです。



左の下には大きめのタオルがあります。



次に浴槽です。

後ほど入ってみましたが、身長175㎝普通~瘦せ型の私でも十分にくつろげる深さと大きさでした。



一番奥のシャワーブースはコンパクトながら機能的て使いやすかったです。



このウェットエリアですが、とにかく清潔感が素晴らしいですね。

とてもリラックスできる空間となっています。正直、いい意味で最も期待を裏切られたところでした(笑)。

眺望よりなにより、これが一番満足度高かったかも。

トイレも完全に分離しているので、特に女性の方は嬉しいのではないでしょうか。



部屋を入って右手がクローゼットです。

二人分のバスローブと使い捨てのスリッパもありました。



その隣もクローゼットになっていて、こちらにはセキュリティボックス(金庫)と寝間着がありました。



クローゼットの隣です。

ポットとアイスペールが置かれています。



その下の引き出しには無料のコーヒーやお茶、グラス、持ち運び用の紙コップ。



さらにその下が冷蔵庫です。

有料のアルコール類など、何も入っていないタイプです。



少しだけホテル内散策に行ってみました。

エレベーターで下まで降りましたが、エレベーターの中から途中見える三つの巨大シャンデリアは圧巻ですね。

奥のガラスに反射することで六つあるようにも見えるので、さらにゴージャス感が増します。



フロントのあるロビーフロア(二階)まで下りてきました。

明日の朝食会場の「CAFFÈ(カフェ)」。



こちらが「ペストリーショップ」です。

17:30閉店ということでほとんど商品はおいておらず。。

※この時で17:10くらいです。



施設のご案内です。

一階にセブンイレブンがあるのは便利ですね。

※このあと夜ご飯用のビールを買いにいきました。



外でおつまみとお酒を買ってきたので部屋で夕食タイムです。

窓際のテーブルで綺麗な新宿の夜景を眺めながらいただきます。



ホテル近くにあった「SPANISH DINING Rico」さんのスパニッシュプレートです。

お値段は1,800円(税込)です。

ボリューム満点、味ももちろん美味しくてお酒が進みました。



これで初日は終了です。おやすみなさい。



翌朝です。

時刻は朝の7時過ぎ。青空と春の日差しが気持ちいいです。

本来は正面に富士山は見えるはずなのですが、ガスっていて残念ながら見ることはできず。やっぱり冬とかの寒い時期のほうが見えやすいのでしょうかね。



新宿中央公園の桜を上からぼんやり眺めます。いやぁ、贅沢ですね。



それではロビーフロアの「CAFFÈ(カフェ)」に朝食を食べにいきます。

窓際の席にご案内していただきました。

緑もたくさんで気持ちがいいですね。



本来はビュッフェ形式なのかもしれませんが、コロナウイルスの影響で「アメリカンブレックファスト」か「和朝食」のどちらかを選ぶスタイルに変更となっていました。

アメリカンブレックファストをチョイス。

飲み物はベジタブルジュース、玉子料理はプレーンオムレツにしました。



まずはベジタブルジュース、そしてサラダとフルーツ+ヨーグルト。



玉子料理、パンなどのメインです。



とっても美味しかったです。ごちそうさまでした!



その後はチェックアウト時間の12時まで部屋でゆっくり過ごしました。



チェックアウトして外に出ました。


ハイアットリージェンシー東京は開業から年月が経っていますが、宿泊させていただいたビューデラックスルーム ツインのお部屋はバスエリアなどがかなり綺麗にリニューアルされていたので、古さなどを感じることなくとても快適に過ごせました。

個人的には比較的コスパがいい価格帯と感じますので、満足度の高いホテルステイができるのではないでしょうか。



それではこれで「ハイアットリージェンシー東京」の宿泊記を終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!



↓↓↓このブログ記事の動画はコチラ↓↓↓

※よろしければチャンネル登録お願いします