ハイアットリージェンシー横浜宿泊記!ツインルームと朝食ビュッフェを紹介!東京・横浜旅行ブログその3(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2020年12月26日(土)~27日(日)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:国立西洋美術館


東京・横浜旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその3です。

※前回の記事はコチラ



散策を終えてハイアットリージェンシー横浜に戻ってきました。

それではチェックインに向かいます。



チェックインカウンターは依然行列ができていましたが、昼間ほどではなかったので、10分ほどで無事にチェックインできました。

若者のカップルや、女性二人組の姿などもありました。みんなステイケーションかな。



預けていたスーツケースを待つ間は、こちらのフロント近くのロビーラウンジのような場所で待たせいただきました。

「こちらでお座りになってお待ちください」

その一言とお心遣いがとても嬉しかったです。

雰囲気もあってラグジュアリー感満載の空間です。



こちらは一階フロント脇のエレベーターホール。



それでは部屋に向かいましょう。

今回アサインいただいた部屋は407号室です。



お部屋は一番スタンダードなツインルームです。

今年(2020年)の5月に新規開業したばかりのホテルなので、とにかく綺麗でスタイリッシュです。



ベッドの後ろには金の屏風のようなものがあります。

和のテイストをミックスしているんですね、個人的にすごく好きな感じ。



窓際にはデスクとチェアが一式、そして大き目なソファと丸テーブルがあります。



デスクの上には電話。

そして追加でいただけるアメニティ、及び貸してもらえるもののリストが書かれた紙が置いてあります。

もし必要なものがあれば客室係まで連絡すれば提供していただけるようです。

このご時世ですので「加湿器付き空気清浄器」などは嬉しいですね。

※この日は宿泊客も多く、忙しそうだったので僕たちはやめておきました。



窓にはブラインドとその上から厚手のカーテンをしめることができます。



窓からの景色はこのような感じです。

高層階の部屋ではありませんが、外がうるさいということは滞在中全くありませんでした。



テレビは壁掛けのタイプです。

テレビの後ろ(設置されている壁)は鏡になっています。



各ベッド脇の棚です。

ライトのスイッチの他に、USBポートもあります。

寝ながらスマートフォンを充電できるので便利ですね。



続いて、水回りと入口付近のエリアを見てみましょう。



洗面台はメインゾーン(ベッドエリア)の横にある配置です。

こういったレイアウトのお部屋、最近多いですよね。

洗面台にはグラスとハンドタオル、そして固形ソープが置いてあります。



ちなみに、もし洗面台の水はね等が気になる場合は、洗面台を隠すように扉を閉めることができます。

洗面台の独立感が出るのでこの方が使いやすいという方も多いかもしれないですね。

※扉を閉めない時(上)と閉めた時(下)。



洗面台の下にはバスタオルとその横の引き出しにはアメニティ類が入っています。



洗面台の先にはトイレがあります。

もちろんウォシュレット対応です。

絵も飾ってあり、トイレの中もラグジュアリーな空間です。



洗面台の向かいがバスルームです。

バスタブも長さも深さも十分。のんびりとバスタイムを過ごせそうです。

※後ほど実際に入ってみましたが、とってもリラックスできました。(私は175cmやや痩せ型の男です)

洗い場も広いですね。



シャワーはレインシャワーとハンドシャワーの二つのタイプが付いています。

私はやっぱりハンドシャワーがないと何となく洗った気にならないので嬉しいです(笑)。



部屋に入って右手にはコーヒーメイカーと無料のお水が置いてあります。



その下にはセキュリティボックス。

そしてスケルトンで中が見えるようになっている型式の冷蔵庫です。

中身は空になっているので、買ってきたお酒やお水を冷やしておくことができますね。



隣の引き出しには一段目にグラスとオープナー。



二段目にはコーヒーカップとコーヒーポーション。



三段目には電子ケトルとアイスペール(氷を入れる容器)が入っています。



部屋に入ってすぐ右手にオープンタイプのハンガーラックがあります。

横にはアイロン台が置いてあります。

ラックの上にはバスローブもありました。



下の引き出しには寝間着、隣の引出にはブラシと靴ベラ、そしてアイロンが入っています。



ここに使い捨てタイプのスリッパもあったのですが、このスリッパが本当によかったです。

ふかふかなのはもちろん、底面に「滑り止め」のようなものがついていて歩いていて滑らないようになっています。



お部屋の全体的な印象ですが、ラグジュアリーなのはもちろんですが、どことなく落ち着いた雰囲気を感じられます。

個人的にはとても好きです。



それでは部屋で夕ご飯にしましょう。

赤レンガ倉庫で買ってきた美味しそうなおつまみと、近くのコンビニ「デイリーヤマザキ」さんで買ってたお酒です。



デザートはグラニースミスさんのアップルパイ。

美味しかったです、ごちそうさまでした!

食事のあとはお風呂に入ってのんびりまったり過ごして寝ました。



【二日目】

ハイアットリージェンシー横浜で迎えた二日目の朝です。



時刻は午前6時半。

この日は日曜日。しかもGoToトラベルキャンペーン最終日ということで朝食会場がかなり混雑することが予想されます。

というわけで頑張って早起きして、混みだす前に朝食を食べに向かうことにしました。


朝食会場は2階の「Harbor Kitchen(ハーバーキッチン)」です。



早起きした甲斐もあり、窓際の広い半ソファ席に案内していただきました。

それでもすでに何組かは食事を始めている方もおり、皆さん、考えることは一緒だなと感心(笑)。

※席に座ったこの時点では空席が目立ちますが、着席して30分後くらいの7時過ぎになるとほぼ満席状態になりました。



朝食はビュッフェスタイルです。

美味しそうな食べ物がたくさん並んでいます。



第一便はこんな感じ。いただきます!



第二便はパンです!



第三弾のシメは黒豆納豆ご飯です!



どのお料理もとても美味しかったです!

大満足でごちそうさまでした!


食事会場のある二階からフロントロビーを見ます。

朝のまだ静かなロビーの雰囲気って大好き。



チェックアウト時間は11時。

それまでは部屋でまったりのんびり過ごします。



大変名残惜しいですが、チェックアウトの時間です。

カウンターには行列もできていましたが、追加支払い等はなかったためすぐにチェックアウトできました。



本当に素晴らしいホテルでした!

ありがとうございました、「ハイアットリージェンシー横浜」様。



それでは帰りましょう。

まずは日本大通駅からみなとみらい線で横浜駅へ。



横浜駅でJRに乗り換え、東京駅に向かいます。



正午少し前、東京駅に帰ってきました。



国立西洋美術館の外観見学はとても満足のいくものでした。

そして「ハイアットリージェンシー横浜」は本当に素晴らしいホテルでした。


これで一泊二日の東京・横浜旅終了となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!



↓↓↓このブログ記事の動画はコチラ↓↓↓

※よろしければチャンネル登録お願いします