伊豆マリオットホテル修善寺宿泊記!温泉露天風呂付デラックスツインと美味しい朝食!伊豆・修善寺旅行ブログその2(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2020年11月27日(金)~28日(土)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:韮山反射炉


伊豆・修善寺旅行ブログ(世界遺産旅行記)のその2です。

※前回の記事はコチラ



修善寺駅から無料送迎バスで約25分。

本日お世話になる「伊豆マリオットホテル修善寺」に到着です。



伊豆マリオットホテル修善寺は「ラフォーレリゾート修善寺」内にあるマリオットブランドのホテルで、元々はラフォーレ修善寺のホテル棟でしたが、2017年7月にマリオットブランドとして開業したそうです。


それではチェックインに向かいます。

入口を入ると右手にレセプション、左手にソファやイスが並んだロビーラウンジがあります。

広い空間なのでとても開放感を感じられます。

※チェックイン時は宿泊客がたくさんいらっしゃったので、翌日の朝に撮影したものです



まずはスタッフさんから検温のお願いがあります。

同時に名前を聞かれますので伝えた上で、左手のロビーラウンジで順番が来るまで座って待ちます。

お茶のようなもの(ハーブティーとかかな?)もセルフで飲むこともできます。



10分ほどでスタッフさんが呼びに来てくれたのでチェックイン手続きを済ませました。

その後部屋に向かいます。

部屋は3階の714号室です。

普段なかなかこんな高級ホテルには宿泊しないので、なんだかドキドキしちゃいますね(笑)。



今回予約したお部屋は「温泉露天風呂付デラックスツイン」です。



丸テーブルと窓際には大きいソファもあります。

こういった大きなソファが窓のそばにあるだけでラグジュアリー感満載です。



そしてベランダにある温泉露天風呂です。

これが一番の目的だったといっても過言ではありません!

もう最高すぎますね(笑)。



露天風呂にはブラインドがおりているので、入浴中は周りから見られることもないです。

もちろんこのブラインドを上げて景色を楽しむこともできます。

滞在中、思う存分、ゆっくりと修善寺温泉を堪能したいと思います。


窓際のソファの近く(ベッドとベランダの間)には棚のようなものがあります。中には冷蔵庫とセキュリティボックス。

そして電気ケトルとコーヒーやお茶などが入っています。



冷蔵庫の中は所謂ミニバーなどはなく、何も入っていないです。

買ってきたお水やお酒を冷やしておけるので私はこの方が嬉しいです。



テレビは壁掛けのタイプです。



二つのベッドの間には電話とメモ帳と目覚まし時計とティッシュ、そして各種ライトのスイッチ。



部屋に入ってすぐ左手の棚には寝間着が入っています。



次は水回りを見ていきましょう。

こちらが洗面台です。

左手にはアメニティとドライヤーがあります。

アメニティは一通り揃っていて、マウスウォッシュなんかもありました。



洗面台の隣にシャワーブースがあります。

下には“マリオットといえばコレ!”のタイ発のナチュラルスキンケアブランド「THANN(タン)」のボディソープ、シャンプー、コンディショナーが置いてあります。



ちなみに先程紹介したベランダの温泉露天風呂には洗い場がないので、このシャワーブースで体を洗ってからベランダに向かう形になります。

裸で部屋を突っ切る形になりますが、個人的には全く問題ないです(笑)。


洗面台の横がトイレです。

もちろんウォシュレットタイプで、ドアを開けると自動的にフタが開きます。

※画像のフタが開いているのはそのためです。



スーツケースを置いて身軽になったところで、少しだけホテル内の散策へ。

1階に降りてきました。

エレベーターを降りて右手にレセプションやギフトショップ、キッズルーム、喫煙所。

左手に温泉スパ大浴場やランドリールームがあります。



一番奥に見えるのがレセプションです。



こちらがレセプションそばにあるギフトショップ。

部屋のアメニティで使用されている「THANN」ブランドのアイテムの他に、お土産にもなりそうなお菓子なども売っています。

外資系ホテルという事で外国人観光客も多いためか、両替機も併設されていました

※もちろんこの時はコロナ禍のため、ホテル内で外国人はほとんど見かけませんでした。



こちらはキッズルームです。



こちらはランドリールーム。



そして温泉スパ大浴場の入り口です。

※今回は温泉露天風呂付のお部屋でしたので利用しませんでした。



ホテル散策を切り上げ、部屋に戻りました。

いい感じで日も落ちてきましたし、シャワーを浴びてサッパリして早速温泉露天風呂へ。

これがもう本当に気持ちよかったですよ。



ホテルの部屋で夕食にします。

修善寺駅のセブンイレブンで買ってきたお酒とおつまみ、そして着いた時におそばを食べたお店「イズーラ修善寺」で買ってきた煮しいたけです。



食事後は部屋でのんびり過ごして、寝る前にもう一度温泉露天風呂へ。

誰の目を気にすることなく「好きな時に好きなだけ温泉を楽しめる」、それが温泉付きのお部屋の最大の嬉しいポイントですね。

ゆっくり温まって、寝心地の良いベッドでぐっすり寝ました。



【二日目】

伊豆マリオットホテル修善寺で迎えた二日目の朝です。


まずは「朝温泉」を堪能します。

なんだかんだでやっぱりこれが一番の非日常であり、最高なんですよね。



目も覚めたところで、朝食の前にホテル周辺を散歩してくることにしました。

外は天気が良くて気持ちいいです。



ホテル前にはかなり広い駐車場があります。

たぶんほとんどの宿泊客は車でやってくるのでしょうね。

遠くに富士山も綺麗に見えます。



駐車場そばにあった「ラフォーレリゾート修善寺」の地図。

敷地内を巡回するバスも走っていますが、所要時間だけを見れば頑張れば運動がてら歩いて回れる距離かな。



昨日バスで登ってきた道が見えます。

伊豆マリオットホテル修善寺が山の中にあるホテル、というのがよく分かりますね。

そして目の前には富士山。

自然に囲まれた本当に気持ちのいいロケーションです。



ちなみに、ホテルの入口にはこういった自転車置き場(?)のようなものもありました。

「Bicycle Friendly IZU CITY」の刻印も入っていました。



それでは朝の散歩を切り上げ、美味しい朝食を食べに行きましょう。

二階の「Grill & Dining G」で、ここでビュッフェスタイルの朝食をいただきます。



広々とした空間で、テーブル同士の間隔もあるのでとてもリラックスして食事ができます。



席につくと「お飲み物はどうなさいますか?」と聞かれるので、ホットコーヒーをお願いします。

卵料理についてはこちらのオーダーシートに記入してエッグステーションまで持っていきます。

オムレツかフライドエッグ(目玉焼き)のどちらかから選ぶことができます。



こちらがエッグステーションです。

できた卵料理はシェフが直接テーブルまで持ってきてくれます。



ビュッフェの定番のソーセージやベーコンやサラダはもちろん、和食なども充実しています。

ウイルス感染対策のために食べ物を取りに行く際はマスクは必須、ホテル側が用意してくれている使い捨ての透明な手袋を付けることを求められます。



美味しそうなものを取ってきました。

すでにエッグステーションでお願いしたオムレツもテーブルに置かれていました。

※このオムレツがとても美味しくて、おかわりしてしまいました。



あと、このフレッシュジュースもとっても美味しかったです。

なんともオシャレな細長いグラスに入っています。

これはマスカットと巨峰だったかな。

たぶん5~6種類くらいあったと思います。

どうして全種類飲まなかったのだろうと今でも後悔しています。。



すっかりお腹いっぱいになりました。

大満足!ごちそうさまでした!

スタッフの方に「ごちそうさま」と告げて出ようとしたら、「お部屋にお持ち帰りのホットコーヒーはいかがですか?」と仰っていただき、美味しいコーヒーを部屋に持ち帰りました。

最後まで素晴らしいお心遣い、ありがとうございました。



それでは部屋に一度戻ってチェックアウトの時間までのんびり過ごしましょう。

温泉露天風呂とベランダからの素晴らしい景色、最高です。

本気で帰りたくないです(笑)。



チェックアウト時間の11時までゆっくりするつもりでしたが、レセプションでの混雑を避けるために一時間ほど早く出発することにしました。

修善寺駅まではホテル前のバス停から無料送迎バスに乗ります。



本当に、本当に素晴らしいホテルでした!

絶対にまた来たいと思えるホテルがまた一つ増えました。



それでは韮山反射炉に向かいましょう。

この続きはまた次回のブログにて。



↓↓↓このブログ記事の動画はコチラ↓↓↓

※よろしければチャンネル登録お願いします