特急踊り子13号(185系)乗車記!東京駅から修善寺駅へ向かいます!伊豆・修善寺旅行ブログその1(世界遺産旅行記)


◆訪問日:2020年11月27日(金)~28日(土)

◆日程:一泊二日

◆訪問する世界遺産:韮山反射炉



【一日目】

時刻は午前11時。JR東京駅にいます。

これから一泊二日の伊豆・修善寺の旅に出発です。



今回訪れる世界遺産は、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である静岡県の韮山反射炉です。

初日はホテルのある修善寺まで特急踊り子号に乗って向かいます。


電車に乗る前に「BURDIGALA EXPRESS グランスタ店」さんでホットコーヒーとパンを購入。



東京駅12時ちょうど発、修善寺駅14時6分着予定の、特急踊り子13号に乗車します。

価格は大人一人、乗車券2830円、特急券1970円、合計4800円でした。



車両は185系。車内もどことなくレトロな雰囲気です。



足元はこんな感じ。

広々というわけではありませんが、こういう味のある車体は個人的に結構好きです。



ちなみにこの185系は2021年春のダイヤ改正で引退することが決まっているそうです。

そのため、この東京駅はもちろん、途中の停車駅や終点の修善寺駅で写真撮影している鉄道ファンの方も多くみかけました。


電車は定時に出発。

途中、湯河原駅、熱海駅などに停車していきます。



車両の後方(連結部分)に来てみました。



洗面台と、それに向かい合うようにトイレもあります。

ちなみに和式です。

※車両によって違うようです



東京都内や小田原駅あたりはどんよりとした曇り空でしたが、伊豆箱根鉄道線に入り修善寺駅に近付くにつれて、だんだんと空は綺麗な青空に変わってきました。

今日、明日と天気は大丈夫そうです。



定時で無事に修善寺駅に到着しました。



改札を出るとコンビニ(セブンイレブン)やお寿司屋さん、お土産屋さん、観光案内所などがあります。



東京オリンピックの自転車競技の会場が近いのでしょう。

こういった『デイ・カウンター』ボードが設置されていました。



修繕時駅から予約してあるホテルまでは無料の送迎バスが出ています。


バスの時間まで、駅内にあるお土産屋「イズーラ修善寺」さんを少々物色。

明日帰る前にここでお土産を購入する予定ですが、どんなものが売っているか事前リサーチです。



店内にはそばやうどんなどの軽食コーナーもあります。

ホテルに向かう前に、ここでお昼ご飯を食べていくことにしました。

「みしまコロッケそば 500円(税込)」をいただきます。

美味しかったです。



またこちらのお店で、今夜の晩酌用に「煮しいたけ持ち帰り 350円(税込)」を買っていくことにしました。

どんなお味か楽しみです。



そろそろ送迎バスの発車時刻が近づいてきたのでバス乗り場に向かいます。

もうすでにバスは停車していました。

GoToトラベルキャンペーンの効果もあるのか、結構人は乗っているようです。



それではバスに乗ってホテルに向かいましょう。

この続きはまた次回のブログにて。



↓↓↓このブログ記事の動画はコチラ↓↓↓

※よろしければチャンネル登録お願いします