メニーピープル

記事一覧(98)

日本の世界遺産の数はいくつ?一覧表で構成資産までまとめて紹介|世界遺産旅日記

日本にはどれくらいの世界遺産があるか知っていますか?2018年12月現在、18件の文化遺産と4件の自然遺産、計22件が登録されています。この数を多いと考えるか、少ないと考えるかは人それぞれだと思いますが、22件という数は全世界で12位となっています。ちなみに一番多い国はイタリア(54件)、次いで中華人民共和国(53件)、スペイン(47件)、同数でドイツとフランス(いずれも44件)と続きます。※いずれの数も2018年12月現在ここでお伝えしたいのが、日本の世界遺産数である「22件」という数字、これはあくまで世界遺産の名称としてリストに記載されている数であって、実際の世界遺産の「構成資産」「さらに細かい資産(施設)」まで考えるともっとたくさんあるということです。例えば『古都京都の文化財』という世界遺産には、清水寺や鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)等々があるって風にですね。そう考えると「日本には結構たくさんの世界遺産があるんだなぁ~」と感じていただけると思います。下記に、世界遺産という大きなくくりだけではなく、構成資産・さらには施設まで私なりにまとめてみましたので、『世界遺産の旅』の計画を立てる際のご参考にしていただけると嬉しいです。※「構成資産」の考え方・捉え方については、人それぞれあると思いますので、この分け方はあくまで管理人の主観ということでご容赦ください